USBメモリからの情報流出を防ぐには?

USBメモリなどからの情報流出は、以前よりも減少傾向にあるものの、決して油断してはいけない項目の一つであることには変わりがないだろう。

 

仮に悪意のない場合でも、紛失や盗難、ウイルス感染の原因となるなどUSBメモリには情報漏洩へとつながるリスクがつきまとう。

 

ルールの徹底とコピーを禁止するシステム構築が必要

 

USBメモリからの情報流出を防ぐためには、まず社内でルールを徹底させることから始める必要あるだろう。

 

情報流出が発覚すれば、経済的なダメージを受ける他に社会的な信用を失ってしまう。そのリスクを回避するためにも、社員には重要な情報を持ち出さないように徹底してルールを守らせなければならないだろう。

 

また、ルールの他にも持ち出し禁止の重要な情報がコピーされたときに、それを検知し、ブロックする仕組みが必要だ。USB以外の記録媒体でも検知し、絶対にすり抜けることができない仕組みがあれば、仮に悪意をもつ者がいたとしても情報を守ることができるだろう。

 

ただし、パソコンでUSBメモリからのコピーを禁止しても、デジタルカメラや携帯音楽プレーヤ、スマートフォンなどからのコピーが検知できない場合がある。

 

これは、デジタルカメラや携帯音楽プレーヤ、スマートフォンなどが「メディアデバイス」として認識されないことから生じる盲点でもある。

 

こうした問題に対処するためにも、USBメモリだけでなく、デジタルカメラや携帯音楽プレーヤ、スマートフォンからの情報持ち出しにも対応できるようなセキュリティシステムを構築していく必要があるだろう。